ノコギリヤシの基礎知識

ノコギリヤシは主に、北米からメキシコにかけて自生するヤシ科の植物です。
アメリカの原住民の間では、古くからノコギリヤシの果実をスタミナ食として食べられてきました。

 

中高年男性の多くが経験する前立腺肥大による排尿の障害などに効果があることはよく知られていますが、これはノコギリヤシがホルモンのバランスを調整する働きがあるからです。

 

中国では、泌尿器系の病気に効果があるとして、漢方薬として処方されています。
近年ではノコギリヤシの臨床研究が進んでいて、医薬品にも利用されるようになってきました。

 

日本ではノコギリヤシの実をそのまま食べる習慣はないので、果実から抽出したエキスをカプセルや錠剤に加工したサプリメントが多く出回っています。

ノコギリヤシの効果的な摂取量

 

ノコギリヤシの基礎知識

 

ノコギリヤシの効果を実感するためには、適量を摂取することが大切です。
ノコギリヤシに副作用の心配はありませんが、過剰に摂取しても効果が倍増するということはありません。

 

ノコギリヤシの1日あたりの摂取量は、200〜300rが目安とされています。
サプリメントはどんなものでも、摂取を始めてすぐに効果が現れることはありません。最低でも2〜3ヶ月は継続して摂取するようにしましょう。

 

前立腺肥大症の改善なら、最低2ヶ月ぐらい継続して摂取すると効果が実感できるとされています。
また、脱毛や薄毛の改善は半年から1年ぐらい継続しないと実感できないことが多いといわれます。

 

また、ノコギリヤシを摂取するときに、ビタミンEや亜鉛などを同時に摂取することで効果がアップするといわれています。最近のサプリメントにはビタミンEや亜鉛が配合されているものが多くなってきていますが、確認してから購入すると良いでしょう。