ミノキシジル・プロペシアについて教えて!

 

 

AGA(男性型脱毛症)の症状を持つ人に対する薬物療法では、ミノキシジルと呼ばれる物質が含有されている塗り薬と、プロペシアと呼ばれる飲み薬を併用する方法がよく用いられています。通常、2種類以上の医薬品を使用する場合は、飲み合わせによる薬効の変化が問題となりますが、ミノキシジルとプロペシアについては薬理作用がまったく異なるので、併用に問題は無いと考えられています。

 

ミノキシジルは体内に侵入すると血管を拡張させる作用がもたらされます。この物質がつくられるようになった当初は、高血圧患者の血圧を下げるために用いられてきましたが、投与した患者に多毛症の症状が多く見られたことをきっかけに発毛剤としての研究も進められるようになり、現在はAGA治療で広く用いられています。ミノキシジルが持つ血管拡張作用は、AGA治療では亜鉛やタンパク質、ビタミンをはじめとする毛髪の生成に欠かせない栄養素を毛根部まで到達しやすくする効果があり、これが良質な毛髪の生成を促しているといわれています。しかし、ミノキシジルの発毛効果については、この物質が持つ毛母細胞を活性化させる成長因子の産出を促す作用によるものであるとする説も近年唱えられはじめており、作用機序に関しては未だにまだはっきりと分かっていないのが現状です。

 

一方、プロペシアには、AGAの症状の進行を遅延させる効果があります。これはプロペシアの有効成分であるフィナステリドの働きによるものです。フィナステリドには5α還元酵素を阻害する作用があり、これによりこの酵素がテストステロンと呼ばれる男性ホルモンと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成が抑制されます。DHTは身体の男性化を強力に促す男性ホルモンですが、頭部にあるホルモンレセプターと結合すると増殖抑制因子が分泌され、これが毛母細胞に対して命令を出すことで毛髪の成長が止まり、脱毛が促されるといわれています。プロペシアで体内のDHTの濃度を抑えることがAGA治療において効果的なのは、このような作用機序があるためです。