女性の中にも男性のように薄毛に困っている人が増えていると言われています。

 

 

ただ、男性とは薄毛の原因が違っていることもあり、そして対策方法にも違いがあります。

 

女性を薄毛にしてしまう原因としては頭皮の乾燥が挙げられますが、女性の場合は特に乾燥し易い傾向があるのです。男性の場合は男性ホルモンの影響もあって皮脂が出易く、それゆえに乾燥し難い傾向があります。しかし女性は男性ホルモンが少ない為に皮脂量も少なく乾燥し易いのです。

 

そして乾燥している頭皮状態というのは弾力がなく硬くなっています。その状態ですと血液の流れも悪くなってしまい、毛根の元気も低下してしまうのです。さらには乾燥している状態ですと紫外線による影響を受け易くなりますし、ドライヤーの熱やパーマ・カラーリングなどによっても刺激を受け易くなる為に毛根にも負担が掛かり易いです。そうした負担が掛かることで抜け毛が起こり易くなったり薄毛になってしまうこともあります。

 

乾燥が原因ならばしっかりと保湿をするのが基本です。そして乾燥が原因で薄毛になる女性が多いということもあり、潤いを与えられるシャンプーや育毛剤なども多く登場しています。

 

女性ホルモンのバランスが崩れてしまうのも女性の薄毛の原因です。特にバランスが崩れてしまうタイミングとしては産後が挙げられます。

 

妊娠中は胎児の健康の為にも女性ホルモンが大事ですので分泌が活発になっていますが、出産をすると反対に分泌が低下してしまうのです。女性ホルモンには髪の毛の成長を助ける作用がありますが、しかし産後にバランスが崩れて分泌が低下することで髪の毛も弱くなってしまいます。それによって髪の毛も細くなったり抜け毛も多くなり、結果的に薄毛になってしまうことがあるのです。

 

ただ多くの場合は一時的な薄毛ですから自然に治っていくことが多いです。しかし治らずに悪化することもありますので、そういった場合は女性ホルモンをサポートする育毛剤やサプリメントで対策をしたり病院で治療を受けることが大切と言えます。